2018.07.20更新

 

左京区茶山のごとうデンタルクリニックですni

  当院では、歯科のインプラント施術を行っております。インプラントをお考えの方は一度ご相談ください。 

  インプラントとは、体内に埋め込む医療機器や人工の材料の総称です。

  歯が無くなった際に顎の骨に埋め込む人工歯根もインプラントの一つで、正式には歯科インプラント(デンタルインプラント)と呼称されます。

  歯を失う原因は、むし歯、歯周病、外傷などさまざまです。また、先天的に歯が無い場合もあります。

  歯が欠損した部分は、そのままにぜず、なるべく早く治療を受けて頂かなければ、後々、さまざまな弊害を伴います。

  歯が欠損している部分を補う治療方法として、入れ歯、ブリッジとともにインプラントが選択肢として、近年注目されています。1本~全部の歯が適用可能となる場合もあります。

 歯科インプラントについてのさらに詳しい説明や当院での診察までの流れにつきましては、ホームページのインプラントのページをご参考ください↓↓↓toothtoothtooth

 http://www.gotodental.jp/implant/personal computermobile phonesmagnifierglitter3

 

  クリニックで詳しく説明させて頂きます。いつでもご相談くださいni

 お電話はtel0757222424mobile phonesheart3heart3

 

  ごとうデンタルクリニック 院長 後藤  隆行はインプラント治療を得意としております。

  身内の話ですが、後藤の母も、わたしの実家の父母も、インプラントの施術を受け、快適に過ごしておりますihiheart3

 いつでもお気軽にお尋ねくださいniflower2flower2

 

京都市左京区茶山のごとうデンタルクリニック

                        歯科医師   後藤   穂波

 

 

2018.07.14更新

京都市左京区 ごとうデンタルクリニックの歯科医師 後藤穂波です。

『赤ちゃんの歯磨きはいつから行えばいいか? 歯科医院にはいつから受診したらいいか? 』とよくご質問を頂きます。今日はそのお話をさせていただきます。

個人差はありますが、乳歯は生後6~9か月頃から生え始めます。乳歯が生え始めたら歯磨きをはじめましょうtoothそして同時に、歯科医院に通い始めるタイミングですnico

 

生え始めの歯です

   お子さまのお口の環境は、身体の成長と共に変化します。成長過程に合わせて、適切な歯のケアの方法も変わります。

大切な歯を守るため、ご家庭でのケアに加えて、歯科医院での定期的な検診、ケア、フッ素塗布など予防処置を受けることも大事なことです。

 

成長に応じた家庭でのケアの仕方など、ご質問などございましたら、ごとうデンタルクリニックにお気軽にご相談くださいniheart2

 

 お子さまの新しく始まるお口の健康管理、成長をごとうデンタルクリニックが一緒に見守らせて頂けたら幸いですni 

   皆さまとの出会いに、心弾ませ、お子さまと親御さまの歯科医院デビューをお待ちしておりますnotenote2glitter3

 

京都市左京区茶山のごとうデンタルクリニック

                             

                         歯科医師     後藤   穂波    

 

 

 

  • 症例写真
  • 医院ブログ
  • Facebook
  • epark