小児歯科・マタニティ歯科

小児歯科

乳歯のむし歯にご注意ください

永久歯と比べて、乳歯には歯の表面のエナメル質や、その下にある象牙質が、半分程度の厚みしかありません。そのため、むし歯の原因菌が作った酸にさらされると、すぐにむし歯になり、進行してしまう場合があります。また、お子様は大人と比べて知覚神経が鈍いため、むし歯になっても痛みを感じにくい傾向にあります。さらに痛みを感じたとしても、小さなお子様はそれを上手く伝えられない場合があります。そのため、お子様の歯を病気から守るためには、定期的に当クリニックに連れて来て、メンテナンスを受けさせてあげることが重要となります。

お子様の歯を病気から守るために

フッ素塗布

フッ素を歯の表面に塗布することで、歯をむし歯になりにくくします。フッ素塗布には、歯の再石灰化の作用や、むし歯の原因菌が作る酸により、歯が溶けるのを抑制する効果などがあります。年に2~4回程度定期的に塗布することで、さらに予防効果を高めることができます。フッ素塗布は、生えたての乳歯や永久歯に対して高い予防効果を発揮します。

シーラント

最もむし歯になりやすいとされている奥歯の溝を、フッ素化合物の樹脂で塞ぐことで予防する方法です。永久歯に生え変わり始めた幼稚園から、小学校低学年のお子様などにおすすめです。

ブラッシング指導

お子様の歯の状態や、ご自宅でのブラッシング方法を確認させて頂いた上で、適切な磨き方やブラシの選び方などをアドバイスさせて頂きます。お子様の歯のうち、特に上の前歯と奥歯がむし歯の好発部位ですので、仕上げ磨きを行う際には、特に注意して磨いてあげるようにしてください。仕上げ磨きに関するご相談も承っておりますので、お気軽にお尋ねください。

乳歯のむし歯は放っておいても大丈夫…ではありません

「乳歯は生え変わるから、むし歯になっても大丈夫」と思われている保護者の方もいるようですが、そうではありません。乳歯がむし歯になると、永久歯に様々な影響を与える場合があります。また、そうして乳歯の時点でむし歯になるということは、ブラッシングなどの「歯を病気から守る習慣」がきちんと身についていない可能性がありますので、乳歯のむし歯であっても、当クリニックで適切な治療を受けさせてあげるようにしてください。

「病気になってから」ではなく、お子様の将来の歯の健康を考えて

小児歯科では、お子様に対してむし歯などの病気の治療や予防を行います。そうして小さな頃から当クリニックに通い歯を健康な状態に保つことは、病気予防だけでなく、お子様の健康に関する関心を高めることに繋がります。さらには、お口の中だけでなく、全身の健康にも意識を向けるようになりますので、「現在のお子様の健康」だけでなく、「将来の健康」に繋げる意味でも、お子様のうちから当クリニックに連れて来てあげるようにしてください。

京都市フッ化物歯面塗布事業 

京都市フッ化物歯面塗布事業の指定医療機関でございます。
「フッ化物歯面塗布」を希望される方は,京都市の母子健康手帳に添付されている「フッ化物歯面塗布受診票」をご持参ください。

詳しくはこちら

 

マタニティ歯科

妊娠中でも治療は受けられます

当クリニックでは、妊婦様への治療にも対応しており、女性の歯科医師も在籍しておりますので、安心してご来院ください。「妊娠中は治療が受けられない」と思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。安定期であれば、むし歯や歯周病の治療など、基本的な治療はほとんど受けて頂くことが可能です。
妊娠中は、女性ホルモンの増加などによりむし歯や歯周病にかかりやすい状態にあり、さらに歯周病は早産・流産のリスクを高めるとされていますので、出産前にはお口の中を健康にしておくことをおすすめします。

  • 症例写真
  • 医院ブログ
  • Facebook
  • epark