入れ歯・ブリッジ

入れ歯

むし歯、歯周病などの病気、加齢、事故などにより歯を失った時に、それを補う方法として入れ歯があります。入れ歯には大きく分けて2種類あり、歯をすべて失った時に装着するものを「総入れ歯」、歯が1本でも残っている状態で装着するものを「部分入れ歯」と言います。
当クリニックでは、保険適用の入れ歯のほかに、「金属床入れ歯」「インプラントオーバーデンチャー」「テレスコープデンチャー」などの入れ歯に対応しています。

当クリニックで扱う入れ歯

金属床入れ歯

床部分が金属で作られた入れ歯です。耐久性に優れており、入れ歯自体を薄く仕上げることができるので、保険適用の入れ歯と比べて、少ない違和感で装着することが可能です。また、金属を使用しているため熱伝導に優れているので、食事を美味しく味わいたい方におすすめです。

インプラントオーバーデンチャー

顎の骨にインプラントを埋入し、それを土台にして入れ歯を装着させる方法です。歯がほとんどない方、入れ歯が合わずに困っている方などにおすすめです。

テレスコープデンチャー

土台となる歯に金冠を被せ、その上にはめ込むようにして入れ歯を装着させる方法です。まわりの健康な歯に与える影響が少ないという特徴があります。入れ歯が合わなくて困っているが、糖尿病や高血圧などの全身疾患があるために、「インプラントオーバーデンチャー」ができない方などは、この方法によりお悩みを解決することも可能です。

失った歯をそのままにしていると…

失った歯をそのままにしていると、お口の中の機能性や審美性が低下するのはもちろんのこと、歯列全体の歯並びに影響をおよぼす可能性があります。仮に1本の歯を失っただけでも、噛みあわせに影響し、上手く噛めなくなる場合があります。そして噛み合わせや歯並びが悪化すると、適切なブラッシングが行いにくくなり、むし歯や歯周病になりやすくなるほか、頭痛や肩こりなどの不定愁訴を引き起こす可能性があります。
このように、歯を失うことでお口の中だけでなく、全身にも影響をおよぼす可能性がありますので、歯を失った時にはお早目に当クリニックまでご相談ください。

ブリッジ

むし歯、歯周病などの病気、加齢、事故などにより歯を失った箇所の両隣の歯を削り、それらを土台として入れ歯を装着する方法です。装置がしっかりと固定されるため、通常の入れ歯よりも外れたり、ぐらついたりすることが少ないというメリットがありますが、「健康な歯を削らなくてはいけない」というデメリットもあります。

ブリッジの症例

治療前

 

左右の歯を削り、被せ物を装着する前

 

治療後

  • 症例写真
  • 医院ブログ
  • Facebook
  • epark