インプラント治療

インプラント治療とは

むし歯、歯周病などの病気、加齢、事故などにより歯を失った時に、それを補う方法としてインプラント治療があります。インプラント治療とは、顎の骨に人工の歯根を埋め込み、その上に人工歯を被せてお口の中の機能性や審美性を改善させる方法です。顎の骨に定着させるので、入れ歯のように外れたり、ぐらついたりすることがなく、少ない違和感で、天然歯同様に使用することができます。そのほか、健康な歯を削る必要がないなどのメリットがあり、失った歯を補う有効な方法として注目されている治療です。

インプラント治療のメリット・デメリット

メリット
  • 硬い物でもしっかり噛めるなど、天然歯に近い感覚で使用することができる
  • 健康な歯を削らなくていい
  • 顎の骨に定着させるので、外れたり、ぐらついたりすることがない
  • 少ない違和感で、天然歯同様に使用することができる
デメリット
  • 顎の骨に人工の歯根を埋め込むために、手術が必要

インプラント治療の流れ

カウンセリング

患者様から歯のお悩みを詳しくおうかがいした上で、治療内容をご説明します。

矢印

検査

レントゲンやCTなどにより、患者様のお口の中や骨の状態を検査します。むし歯や歯周病などの病気があれば、先にそれらを治療します。

矢印

診断

検査結果をもとに、治療計画を策定します。

矢印

一次手術

手術により歯茎を切開し、顎の骨を削って、インプラントを埋入します。

矢印

結合

埋入したインプラントが、顎の骨と結合するのを待ちます。結合期間は患者様によっても異なりますが、通常3~6ヶ月程度です。

矢印

二次手術

インプラントが顎の骨に結合した後、インプラントの頭部を露出させて、「アバットメント」と呼ばれる人工歯の連結部分の装着手術を行います。

矢印

人工歯の装着

歯茎が治癒した時点で歯型取りを行い、人工歯を作製します。作製後、インプラントに装着させます。

矢印

メンテナンス

定期的に当クリニックにお越し頂き、定期メンテナンスを行います。

世界トップメーカー「ジンマーバイオメット」のインプラントを採用

当クリニックでは、世界トップメーカーである「ジンマーバイオメット」のインプラントを採用しています。世界的なシェアも広く、人工歯との連結部分の精度が高いなど、クオリティの高いパーツが揃っている信頼できるメーカーです。

インプラント治療後の定期メンテナンス

インプラントはあくまで人工物です。そのため、インプラントを快適に使い続けるためには、治療後の定期メンテナンスが非常に重要となります。インプラントはばい菌に弱いので、定期メンテナンスでは治療部分の汚れをきれいに落とすのはもちろんのこと、まわりの歯の状態も診るようにしています。また、噛み合わせに異常がないかなども、きちんとチェックします。

骨再生療法

安全にインプラントを埋入するためには、十分な顎の骨の厚みや幅が必要となります。しかし、患者様の中には、顎の骨の厚みや幅が不足している方もいらっしゃいます。当クリニックでは、そうした方にも適切にインプラント治療を提供するために、「GBR法」「ソケットリフト」「サイナスリフト」などの骨再生療法を行っております。
顎の骨の厚みや幅が足りない部分に無理矢理インプラントを埋入するのではなく、きちんと基礎部分を作った上で、安全にインプラント治療を行います。

症例

治療前

治療後

インプラント

  • 症例写真
  • 医院ブログ
  • Facebook
  • epark