歯周病治療・予防歯科

歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは、歯垢(プラーク)や歯石などで繁殖した歯周病菌により、歯周組織(歯茎、歯根膜、歯槽骨など)が破壊される病気です。歯周病の多くははっきりとした自覚症状がないまま進行し、徐々に重症化していきます。重症化すると、歯茎の腫れ、出血を繰り返し、やがては歯槽骨(歯を支える骨)が溶けて歯が抜け落ちてしまう場合があります。
現在、日本の成人の80%以上が、何らかの形で歯周病にかかっていると言われています。また、歯周病は歯を失う一番の原因であるとされています。つまり、歯周病をきちんと予防することは、ご自身の大切な歯を長持ちさせることに繋がるというわけなのです。

歯周病の進行と症状

歯周病は、歯茎(歯肉)が炎症を起こす「歯肉炎」と、それが深部にまで進行した「歯周炎」とに分けられます。それらを総称したものが、歯周病です。歯周病の進行は、「歯肉炎」「軽度歯周炎」「中度歯周炎」「重度歯周炎」の4段階で表されます。

歯肉炎

歯垢や歯石など繁殖した歯周病菌により、歯茎が赤く腫れた状態です。

<主な症状>
ブラッシング時に歯茎から出血することもありますが、この段階では自覚症状はほとんどありません。

軽度歯周炎

歯肉炎が進行し、歯茎の腫れがひどくなった状態です。

<主な症状>
ブラッシング時に歯茎から出血したり、口臭が出たりすることもありますが、目立った自覚症状は現れません。

中度歯周炎

歯茎の炎症が慢性化した状態です。

<症状>
歯槽骨が溶け始め、歯が浮いたような感じがする、歯がぐらつく、硬い物を噛むと痛むなどの症状が現れます。歯周ポケットも深くなり、そこから出血したり膿が出たりすることで、口臭が出る場合もあります。

重度歯周病

歯槽骨がほとんど溶けてしまい、歯根が露出した状態です。

<症状>
歯の痛みのせいで、食事ができなくなることもあります。また、歯のぐらつきがひどくなり、最悪の場合、そのまま歯が抜けてしまうこともあります。

歯周病は全身の病気にも影響をおよぼします

歯周病の恐ろしさは、歯を失うことに繋がるだけではありません。全身の様々な病気に影響をおよぼすことも、同じくらい恐ろしい点として挙げられます。特に関連が認められているのが、糖尿病、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞、誤嚥性肺炎などです。また、妊婦の歯周病は早産・流産のリスクを高めることがわかっています。このように、歯周病はお口の中にだけ影響をおよぼすのではなく、全身の病気にも影響をおよぼすことを知り、その恐ろしさをしっかりと理解した上で、予防に努めるようにしてください。

歯周病を効果的に予防するために

歯周病は、初期段階には自覚症状がほとんど現れにくい病気です。そのため、症状に気づいた時には、すでに進行した後だったというケースも少なくありません。こうした歯周病を予防するためには、当クリニックで定期的にメンテナンスを受けることが重要となります。
「ご自宅でのケアが適切に行えていない」「食生活に問題がある」など、歯周病を引き起こす原因は様々です。それらの原因を改善し、歯周病予防のための環境を整えることができてこそ、初めて効果的に歯を歯周病から守ることができるようになります。当クリニックでは、歯周病の症状を改善に導くのはもちろんこと、ご自宅でのケアの状況や食生活などを確認した上で、「歯周病予防のための環境作り」をお手伝いさせて頂きます。

歯周病治療前

歯周病治療後

予防歯科

予防歯科とは、「病気を治す」ためではなく、「病気にならないようにする」ために行われる治療です。「歯科医院は歯が痛くなってから行くところ」とお考えになっている方も多いと思いますが、歯科医院の活用方法はそれだけではありません。「歯を病気から守るための場所」でもあるのです。患者様の歯の状態によっても異なりますが。当クリニックでは3ヶ月から半年に1回程度、定期的にお越しになりメンテナンスを受けられることを推奨しています。

患者様の歯を病気から守るために

PMTC

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、ブラッシングなどのご自宅でのケアだけでは落としきれない歯垢(プラーク)、歯石などの汚れを、歯科医師や歯科衛生士が専用の器具を使ってきれいに除去するクリーニングです。PMTCを受けることで効果的に病気予防がはかれるだけでなく、タバコのヤニなどの着色汚れを落として、歯を白くきれいにすることも可能ですので、歯の色のことでお悩みの方にもおすすめです。

フッ素塗布

フッ素を歯の表面に塗布することで、歯をむし歯になりにくくします。フッ素塗布には、歯の再石灰化の作用や、むし歯の原因菌が作る酸により、歯が溶けるのを抑制する効果などがあります。年に2~4回程度定期的に塗布することで、さらに予防効果を高めることができます。

ブラッシング指導

患者様の歯の状態や、ご自宅でのブラッシング方法を確認させて頂いた上で、適切な磨き方やブラシの選び方などをアドバイスさせて頂きます。むし歯や歯周病などの病気から歯を守るためには、当クリニックでのクリーニングだけでなく、ご自宅で適切なケアを行うことが重要となります。是非、当クリニックで正しいブラッシング方法を身につけて頂き、病気予防に努めて頂ければと思います。

治療の成果を維持するために

病気を予防する前に行わなくてはいけないこと、それは「お口の中を健康な状態にする」ことです。むし歯などの病気にかかっている方は、まずその治療を終えてから、予防に移行していくことになります。
予防に際しては、ただ単に「ここが磨けていない」「ここが汚れている」と指摘するだけでなく、「どうして汚れているのか?」「その汚れがどういった結果に繋がる可能性があるのか?」「その汚れを作らないためには、どうすればいいのか?」ということをご説明し、「なので、こういう方法で予防しましょう」というように、段階を踏んで丁寧に説明するようにしています。また、説明時には、なるべく専門用語を使わないように心がけています。
こうして当クリニックからの説明が、患者様にとって「一方通行」なものにならないように、できるだけの配慮をしております。その結果、患者様が興味を持って予防に取り組まれて、治療の成果を維持して頂ければ幸いです。

  • 症例写真
  • 医院ブログ
  • Facebook
  • epark